志望理由の正当性を明確にする

40歳からでもプログラマーになるのは遅くはない。
ただ普通に考えて、20代から20年近い社会経験を重ねてきて、未経験でプログラマーを志望した理由を整理しておきたい。
何処かに就職できたとすれば、未経験でも経験を積んでいけばそれなりに日常の仕事はできるようになるだろう。
採用する側も、それは十分に理解している。
仮に20代と40代の志願者が現れたとしよう。
正社員希望として、この先何年会社に貢献してくれるのか考えるだろう。
同じようなスキルで業界未経験となれば、40代が売りにできるのはそれまでの社会経験だろう。
営業マンとしてのキャリア、経営・法律などの専門知識、何でも良いので会社側に採用するメリットをイメージさせることだ。
何かをしていましたという素材としての話ではなく、こんな経験をしたのでこんな風に活かしたいと思うという所までイメージを作りあげることだ。
それをすることで、業界未経験だったとしても、ある程度慣れてくれば自発的に仕事を見つけて利益を上げることができる人だと思ってもらえるだろう。
過去の自分を羅列して、あとはそちらでどうぞよろしくでは、入社後も手の掛かる人だと連想させてしまう。
40歳からプログラマーになりたいというのは少しも遅くはない。
あとは、志望理由の正当性なのだ。
なるほど、だから未経験で始めたいと思ったのですねと採用者に納得してもらえるかが重要である。
それでも有能で将来性のある若者には敵わないかもしれない。
それは今考えても仕方のないことだ。
素直に次の募集を探すとしよう。